TOP >> 最速!インプレッサの製作 >> 日記

ビッグスロットル装着!

2006/03/25



長いこと不動車だったので、鳥の巣を作られてしまった、なべ号・・・。
しかも!せっかく、予備のスロットルを装着していたのに、Vproの吸気温度センサーが折れてしまう災難に遭い?
愛車を動かす気が無かったのですが・・・。

そういえば、アクアさんでパワーチェック大会に参加した時の、パワーピッタリ賞?の工賃金券を持っているのですが、有効期限が3月末日なのを思い出し、金券でアライメントを測定してもらうことにしました!!!
なべがVproを組んだのは、アクアさんですので、折れてしまった吸気温度センサーもあるでしょうしね!

アクアに向かう為に、1週間ほど不動車状態から、普通に始動したエンジン・・・。
吸気温度を測っていないには、ご機嫌斜めでもなく案外?普通な様子・・・。
「まぁ、安全運転で行きますか・・・。」
当たり前だと思うのですが、吸気温度計の折れた車で、アクセルを踏む込むわけにもいかず、ずっと我慢のアクセルワークです・・・。普通に走っても3500回転ぐらいまでは普通にタコメーターの針が跳ね上がるので、その辺りを自分で決めた回転数の上限にして、街乗り運転でアクアに向かいます。


ですが、我慢の出来ない私は・・・。
ついつい・・・。
回してしまいました。




だって、体感してしまったのです・・・。
3500回転もエンジン回していれば!


ばくばく工房の、
「圧力損失対策の加工IC」
の効果を!!!


雨だから、ICが冷えているからではなくて、軽くアクセルに足を乗せているだけで、車が軽く動く感覚です!
タービンが仕事を始める3500回転辺りの、レスポンスが凄いのです!
この効果が分からない方は、恐らくいないと思います。そのくらい、吹け上がり方が鋭くなっているのがわかります!
これは、かなり凄いと思います!
今までよりも、更に低速から、ブーストが掛かり始めるのです!
アクセルONから、加速体勢に移るのが素早くて、本当に気持ちがいいです!

しかも!サイレンサー付きで・・・。

アクティブテールサイレンサーを外したら、どんな加速見せるのでしょうか???


レスポンスが良くなった事に気分を良くしながら、アクアさんに到着!
アライメントのお願いをすると、素早く作業準備を整え、すぐに測定開始!まずは現状のアライメント確認から!
測定の結果は、
フロントは、バラバラ。
リアは、まぁまぁ許容範囲か?


先日、深夜の某駐車場で調整した後は、ハンドルのセンターが若干左へ切れ込んでいたのですが、その理由も分かって一安心。左前が、かなりトーインだったので、ハンドルを左側に修正しないと真っ直ぐ走らなかったようです。
店長さんと話をした結果、フロント&リアのトーを、0に調整してもらうことにしました!
ここで基準を作っておけば、自分の好き勝手に、いじくることが出来ますからね!?

リアは、左右でキャンバー差が約1度も付いていたのですが、いじくる調整機構がないので、今回は無視します。
いずれは、リアに調整式のアッパーマウントを入れて、調整したいところですね〜。
行ってきました!アクアさん!
アライメントを取るのは、何年ぶりなんでしょうか!?
こんな贅沢は、1万円工賃券のお陰です!
手術台?の上に、設置された愛車・・・。
まずは、基本の!空気圧の点検からスタート!
これは、作業前!
フロントのキャンバーです!
左右揃ってますが、街乗りでは付き過ぎですね。

フロント調整後!
アッパーマウントで、最大に起こしてこの値です!
GDBロワアームが効いています!?
ストラットボルトで、もう少しキャンバーを起こさなければ!
フロントのトーですが・・・。
左が多めにトーイン!右が少なめにトーイン・・・。
目視であわせたので、そんなものです。(笑)
フロントもリアも、トーゼロにしました!
お店の前に止まっていた、デモカー!
やっぱり、デモカーは格好イイですね〜!
今度、筑波を走らせるそうです!


そして、第二目標の!吸気温度センサーも入手しました!
価格は、6000円です。
以外に、Vproのセンサーって、お高いのですね・・・。
アクアさんのお話によると、結構折れやすいそうですので、皆さんは注意してくださいね!?


その次の日!
日中は仕事だったのですが、ばくばくさんより、緊急徴収?がありまして・・・。
AM3時に、神●駅南側ローターリーに集合!!!
アライメントの見直し効果で、ハンドリングが素直になった愛車を駆り、深夜のドライブに出撃です!

集合の理由は、なべの借りているBG5のスロットルを、急遽加工する事になり、返品しなきゃならなくなりました!
もちろん!加工済みの「ビッグスロットル レーシングシャフトver」との物々現地交換です!
現地交換しないと、家に帰れないだけなんですけどね・・・。

現地に3時前に行って、駅前ロータリーでボンネット開けて、ばくばくさんの到着前に、スロットルを交換するなべ管理人・・・。駅前と言え、深夜ですので誰も居ませんが、
駅前ロータリーで車の分解は、
かなり怪しいです・・・。

ぽつぽつ通る人影が、こちらを見ています・・・。
深夜の某駅前ロータリーです・・・。
ここで、さくっと?スロットル分解・・・。
まぁそれぐらい、簡単に出来ると言う事ですかね?
とりあえず、ここまで分解!
プラグ交換よりも、簡単です!
スロットルを摘出し、BIGスロットルの到着を待ちます!
待っている間に、折れた吸気温度センサーを交換!
コアに乗っているのが、新品のセンサーです!
折れ残った、センサーの先っぽも、簡単に外せて一安心!

駅前のロータリー内・・・。
コート羽織って、仕事帰り風の格好で!?
スロットル交換中のなべ管理人・・・。
むっちゃ怪しいです!?

スロットル剥ぎ取り時?
スロットルのガスケットが、破損したらどうしよう?
と、ビクビクしていましたが、BG5の借り物スロットルを付けた時に、新品ガスケットをおごっていたので、張り付きや破れはありませんでした〜。はぁ〜よかった!

エンジン停車後、すぐに取り外しに掛かったから、スロットルを通過している、水周りのホースを抜いた時!
LLCが噴出!したのですが、他にはトラブルはなく作業は終了・・・。
賢明な皆様方は?エンジンが冷えてから、作業しましょう!?

しばらくして、ばくばくさんが到着!
早速!ばくばく工房の力作!「ビッグスロットル レーシングシャフト」を拝見します!
ボアの拡大を施したスロットルは、汚れを落とされて、まるっきり新品の輝きです!
よく見ると、小ネジも新品に交換されていて、まるでOHされた物のようです。
写真では伝わりにくいですが、製作者「ばくばくさん」の心遣いが、各所にちりばめられていますね〜。
手渡し前に、ばくばくさんが撮られた写真です!
ピカピカの63mm径のビッグスロットル!!!
レーシングシャフトverです!
凄くシャフトが削り込まれているのが、よく判ります!
裏側のシャフトも、必要な部分の肉を残して、
その他は、薄肉化しています!
全開時に、最大限の通気面積を確保しています!
あれだけ、汚かったスロットルが、えらい変身具合です!
スロットルセンサーの舐めやすいネジも
新品と交換されていて、まるでOHされた品のようです。
スロットルの開度と、センサーの接点が同期していないと
パーシャルで、ギクシャクするのですが、
もちろん!調整済みだそうです。
ピカピカのスロットルがまぶしい!
リンケージのバネが汚かったのですが、ピカピカに!
これは、チューニング&OHですね〜。
某駅前ロータリーで、AM4時に完成!
ちなみに、職務質問は受けていません。(笑)


では早速!自宅に帰る道中で、テストドライブです!

走り始めて、すぐに変化している愛車に気が付きます・・・。
圧力損失低減加工を施したICも、かなり驚いたのですが、スロットル拡大加工も凄いです!

今まで通りのアクセル開度で、一定速度を走ろうとすれば、車が加速しています。
街乗りは、少しアクセルワークに繊細さ?が必要になったような気もしますが、発進で大きくアクセルを開けた時には、車が前に出る感覚が違うのです!

IC&ターボパイプ加工と、ビッグスロットル加工は、同じ吸気系統のチューニングですが、1+1=2ぐらいの効果じゃなくて、1+1=4ぐらい?の相乗効果があるのかも知れません。

スロットルを拡大しているので、インマニとの段差が1.5mmほど付いてしまうことになるのですが、コレだけ体感出来るほど変化していれば、急いでインマニを拡大加工する必要は無いように思いました〜。また、何かのついででインマニを分解することがあれば加工したいと思います!

なべの身の回りで、EJ20Kにお乗りの方がいらっしゃいましたら、簡単に取り付けできるので、拡大スロットル&加工インタークーラー&加工ターボパイプを、お貸ししますよ!
だまされたと思って、試着されてみてはいかがでしょうか?
多分、ビックリすると思いますよ!

しばらくは車検が近いので、お金を貯めなきゃいけませんね〜。
普通に通ってくれることを、祈ります・・・。

ばくばく工房製!
「ビッグスロットル&圧力損失低減加工&ターボパイプ加工」を施した愛車!
それぞれにレスポンスアップを体感でき、街乗りも楽しくなりました!
見た目では、ほとんど分からないのが、本当に残念ですね〜。








広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー