TOP >> 最速!インプレッサの製作 >> 日記

BE/BH系パワステポンプの流用

2010/06/19



特に異常があったわけでは無いのですが、パワステタンク上部からのオイルにじみが激しいので、半ば思いつきでパワステタンクを移動させようと思いました。
なんせ上からにじむと、エンジンブロックの上に汚れが堆積して
油汚れが、汚いこと汚いこと・・・。

パワステポンプを移植しようと思ったのは、GD系のパワステポンプ回りには、オイル汚れが無いこと。
でも、GDBのパワステポンプ周りを移植しようと思うと、ヤフオクで探す限り、なぜか?GDBは異様に高く設定されていることもあり、おいそれと買うことができません・・・。

金額もポンプ回りで8000円とか、タンクだけでも5000円とか。しかも、出品少ないし。
だれが買うんや?その金額で。
もう、AH○かと。
消費者?をバ鹿にしてるんじゃないかと。


そこで目をつけたのは、最近ガンガン?悲しいぐらい解体されている、BE/BH系のレガシィ。
これがまた安い!
ポンプ本体にブラケットも付いていて、1000円とか、2000円とか!!!
(なべ管理人は、999円で入手!)

GC系にも恐らくポン付けであろう所に穴が開いていて!しかもポンプ本体の後ろ側にもボルトが増えているので、若干の重量増かも知れませんが、作り的にはちょっとは良いように思います。
BE/BH系は純正で、215幅が付いている車なので、
「ちょっとでもハンドルが軽くなればラッキー♪」
的な事も考えていたりします。

事前に入念に調べた上で、作業実行っす!


BE/BHターボ系の、アプライドA〜Cのパワステポンプ回り。
見ての通り、オイル吸い込み口は上側にあって、横から出る。

こちらは、BE/BHターボ系の、アプライドDのポンプ回り。
上から吸って上から吐きます。これって、GD系と同じ配置です。共通部品かな?

上の図を見て、GC8に流用するならば!
BH5A〜Cのパワステポンプです!
BHの初期型でも、GC8の中期よりは全然新しいから?
数が豊富!だから?
まぁ、それも理由の一つですけど、一番の問題点はココです!

ラックへ行く高圧ホースが、横から出ている!
これが最大のメリット!!!

横から出ていると、GCのポンプも横から出ているので、
GCのパワステポンプとラック間の高圧ホースが、
そのまま使えるのです!

BHのD型を使うと、高圧ホースまでBH5Dなどに交換しなきゃいけなくなり、結局高くなってしまうので!
高圧ホースが横から出ている、BH5A〜Cが都合が良いと思います。
それに、高圧ホースがラックにそのまま付くのか微妙ですしね〜。
安いパワステポンプ選んで買ってみても、999円。
でも味噌汁付かない〜♪
BHのパワステポンプは、
たまたまなのか価格崩壊な、999円。
でも味噌汁付かない〜♪ by さだまさ○

ポンプ裏側にも、ボルト止めされていて、
剛性が高そうな止まり方です。
触る前のなべ車の画像。
コレを見ても肝心な所が見えにくいので・・・。
こちらは、GC8Dのパワステポンプ゚。
横から出てるでしょ?
ちなみに、全部移植しなくても、この赤丸のパーツをGC8のパワステポンプに取り付けたら、
それだけでパワステタンクは移動できそうな気もしますが、
この赤丸パーツ。1870円します。
品番 34431AE020 コネクタ、ポンプ アセンブリ 定価1,870円(税抜)
おお!送料を考えても、中古パワステポンプの方が安いです!
本当に付くかどうかは未確認なんで、すみません・・・。
人柱募集中!使えたらBBSで報告してね♪

2010/11/18 追記!
BBSの投稿で、「人柱さん」の投稿です!
GC用とBH用のポンプでは、この部品をつけるボルト穴の位置が違い、互換性はありません。
GCポンプにつけるには、穴を追加するか、長穴加工する必要があります。OリングはBH用のものを使います。

との事で、やっぱりポン付けとはいかないようです・・・。
情報を提供していただきまして、ありがとうございました!!!


ポンプは良いとして、配管は?
配管も!レガシィ用を探していたのですが、ポンプがあの価格ですからタンクなんて捨てられているのか?
適当な物がなかなかありません・・・。コチラは素直に?
SG5フォレスタークロススポーツ用のパワステタンクと、周辺配管セット!を、
オークションで購入!しかも1000円でGET!!!こちらは新しい割には、たまたま?安かったです。
低圧側戻り配管のタンク前後のホースがセットで付いていたのがポイント!!!
高圧配管も付いてきましたが、SG5の高圧ホースはタンクの上から止めるタイプ。
必要ないですけど、まぁ何かの予備に保管しときます〜。

作業前の準備で、近所のホームセンターでオイル処理箱と、ATF1Lを購入。
さくっと流用して見せます!!!
買ったのがコレ。
パワステタンクと、前後の配管が決め手!
購入価格1000円!エエ買い物です♪
SG5のパワスタンクと配管!
これで部品集めは完璧か!?
新品で全てをそろえると、1万円以上になってしまいます。
コチラが届いた999円のパワステポンプ!
BH5A〜Cって言うだけで、走行距離不明ですけど、
安いから文句言えません!でも、思ったよりキレイです。
まず、パワステオイルを抜きます。
タンク上部に入るホースを引っこ抜き、廃油受けに突っ込んで
エンジンを掛けて、左右にハンドルを切ると抜けます。
「ズュゴー」って音したら、
タンクのオイルは全て抜けてます!

まず最初にするのは、オイル抜き作業。
リターン側のホースを廃油受けに突っ込んでエンジン始動!
左右にハンドルを切って全て抜けたら、エンジン停止します。

続いて、パワステに掛かっているベルトを外します!
次に高圧系配管の横から出ている、ユニオンボルトを外します。

最後にパワステポンプを外すのですが、ポンプ単体を外そうとすると案外面倒なので、ここはブラケットごと取り外しするのが簡単です!
パワステポンププーリーの下に2箇所と、後ろ側に1箇所のボルトで固定されています!

ラジエーターはそのままでも十分作業できます。
普通のラチェットとディープソケットでOK!
ポンプ固定ボルトを緩める前に、
高圧配管のユニオンボルトを外しておきます。
外れました〜。
赤丸部分固定ボルトです。
左側のほうは手探りで緩めます。
赤丸部分にボルトが止まっています。
汚すぎるので、コレでもちょっと掃除しました。
タンクの後ろ側にもボルトがあります。
ブロックに3箇所止めですね。

取り外したパワステポンプ。
うは〜。かなり汚ね〜。
ポンプの継ぎ目から出ているオイルは無いようですけど、上から流れ出たオイルでビチョビチョです。
ブロック上に堆積した汚れを、ブレーキクリーナーで除去します。

外したポンプと、BHのポンプを横に並べて、単品比較!
ブラケットの穴位置は共通ですので、ポン付けできそうです♪
オルタネーター調整用の長穴がBHの方がかなり長いですね〜。

固定ボルト3本を使って、そのまま装着!
いつもこんな感じで、DIY! 13年間お疲れのパワステポンプと、
比較的小奇麗なBHのポンプ。プーリー径も同じです!
オルタネーターのアジャストボルトが、
BHの方が長いですね。
圧力スイッチ?が出てますけど、
なべのクルマに繋ぐ所がないので、無視します。
BHポンプは、裏からの固定箇所が増えてますので、
ガッチリと固定している印象です。
10年近い車のパワステポンプとは思えません!
オイルにじみも無く、状態は良好です。
うおっしゃ!
ポン付けじゃ!


さすが!?スバル車!
この辺が素敵な瞬間です!



今度は、配管作業に入ります!

ちなみに、この記事見ている人の多くが、こんな事考えていると思うのですけど・・・。


Q 「あの〜パワステオイルクーラーは?」

A 「あ〜そんなの、イラネーでしょ?」


GDBには、GCと似たようなクネクネパイプのオイルクーラー付いていますけど、同じGD系でもGDAにはパワステクーラーが付いていません。
いつも山をブイブイ走っているGDAFなんて、全くパワステ吹いていないし〜。タンク周辺もキレイキレイ!
オイル汚れなんて全くありません。(まだ、全体的に新しいからかも知れませんけど。)
タンクの構造が違うから吹きにくくなったのか、少々吹いても位置がエキマニ直上でないから、ソレが原因で燃えたりすることは無いでしょう。

それに、パワステオイルクーラーを付けようとすると、GDBはヘッドライト裏の変な所から、パワステクーラーのホース出ているから、そのまま使えるわけも無く・・・。
GCのパワステクーラーは、ホースの径が違うのでそのまま使えませんした。

もし吹いたら、どうにかする方向で!

SG5用パワステタンク!
ガムテープの管理番号?が解体屋っぽいです。
タンク固定のブラケットは無かったので、後で買い足します。
端っこまで届けば、適当に固定するのに・・・。
新旧ホース混在中!
SGの戻り側ホースも、まぁ自然な位置に来ています。
大きく干渉する部品はありません。
キャニスターに軽く当たるくらいなので、そのまま使います。
純正のパワステオイルクーラーを除去!
これで全体像が明らかに!?
というか、単純な構造ですけど?!
高圧配管をBHポンプに固定したら!
高圧パイプのクランプが届かなくて固定できなくなりました。
宙ぶらりんなのも気持ち悪いので、
1箇所くらいは固定した方が良いと思います。
戻り側はタンクをエアクリーナー前付近に持って来ると!
戻り側のパイプ位置も、仕方なく?変更します。
戻り側パイプはGC純正ですけど、
タンク直前のS字ホースがよい仕事しています!
今回はそこまでしませんが、
戻り側のみを、SGの金属ホースに換えるのもありか?
わっはっはっは〜。
これで、ベルトを掛けてオイル入れたら完成じゃ!

全ては予定通りに事が運びまして、間もなく完成です!

「たまには、事前に計画して調べつくされた?ドキドキ感?の少ないDIYもええな〜。」


なんて油断してたら!!!













オイ・・・。
固定ボルトが入らねーよ!

この写真を見てると、ボルト穴位置が確かに左側へ寄っていますけど、これで入らないとは・・・。
そんなの微妙すぎ〜!?
↑音でますヨ。Bカップの話ですね。好み的にはCですけど。笑

パワステポンプブラケットのボルトを緩めといて、外側に引っ張りながら締め付けても、ダメでした・・・。
全く予想していなかったので、衝撃が走ります。

思いついた対処方法は、3つほ方法があります!

Aプラン パワステ固定ブラケット3個を、長穴にしてちょっとずらす。
Bプラン オルタネーター調整用スライド穴を、幅拡大してボルトが固定できるようにする。
Cプラン オルタネーターの支点になる穴を長穴にしてしまう。


Aプランは、適当加工で本体の取り付けがナナメに付いてしまった場合、
ベルトの耐久性に問題が出ることからボツにします。

Cプランは、オルタネーター外して実現の可能性を探ります!
でも本体を加工すると、リビルト品にしたい時に下取りできなくなるので、止めました・・・。

って訳で、Bプラン確定です!
スライド穴削ります!!!
Cプラン検討の為に外してみたオルタネータ
穴に固そうなスリーブ打ち込んでいます。
平行に削る必要があるので、コッチもボツです・・。
充電ドリルに、リューターを取り付けて、
ゴリゴリと切削・・・。999円ですから遠慮はありません!?
なんで?個体差?オルタネーターもBHにすればOK?
わかりません・・・。誰か人柱の方!教えてください!
ヒーヒー言いながら、無理やり拡大。と言っても、
アルミなので思ったより簡単に削れます。
ボルトを入れておいて、上下にスライドする事を確認!
やっとベルトが張れました〜。
なぜか、やたら苦労してベルトを入れたのですけど?
良く見たら、固定位置が下のほうです。
どうやら、ベルトが短いみたい・・・。
GC8は、5PK877が純正サイズですけど!
BE/BHのターボ系は、5PK885と言うサイズが
純正サイズみたい。
ベルトを買えば、BHポンプ移植は費用的に失敗です!?
ベルトがボロイ人は、この時に同時交換しましょ!
BE/BHパワステ化完成です!
ATFまで入れて、総工費?5千円未満です!
ベルト買ったら、総工費7千円くらいですね。
これで、パワステ周りの汚れを撲滅できます!

オルタネーター調整用穴を、充電ドリルに付けたリューターで削りまして、やっと装着できました〜。

削り終えてから思ったのですが、
「パワステのブラケットのみGC8に戻したら、
削らなくても良かったかも?」

今更考えてもしかたないし、時間的な都合でこのまま続行と言うことで!

次に、パワステベルトのベルトを張ってみると、ちょっと短い感じがします・・・。
「やっぱ?GC8のブラケットで良かったかも???」
でも、せっかくここまで完成したので、勢いでこのままです。笑
(後はどなたかの人柱レポートお願いします!完成?失敗?したら、BBSで教えてね♪)


後は、パワステタンクにオイルを注いで、エンジン始動!
「ミィ〜ミィ〜」って、パワステポンプの特徴的な異音を言わせながら、タイヤをロックトゥロックまで回転させると、オイルが行き渡って静かになります。
エアが完璧に抜けたら、ハンドル切った時の「ミィ〜ミィ〜」音がしなくなります。
これで!BE/BHポンプ移植完了です!

街乗りしてみると、パワステオイルを新品に換えたときの、
微細なハンドルの切り込みに即座に反応する、しっとり感がステキですね〜。

でも、太いタイヤのお陰で重くなっているハンドルが軽くなるのか?と言えば、そんな事はありませんでした・・・。
トータル重量的には、パワステクーラーが無くなった分とタンクが樹脂化されているので若干軽いはずですけど、ハンドリングに変化が現れる話ではないですね〜。

山を走ってみても、パワステクーラーが無いから温度が上がりすぎてフィーリングが悪いとかはありませんでした。
これで、パワステオイル噴出しと、オイル汚れには間違いなく対処できたと思います!


そして!!!
次なる野望?へ続くのです・・・。

パワステポンプ部分がすっきりして、エンジンブロックが良く見えます。
油圧のプレッシャースイッチもよく見えますね〜。
パワステタンクが無くなったら、インテークパイプの赤丸部分。
GCの中期以降はこの部分がネックになって、空気を吸えていない気がしてなりません。
タンク無いのに無駄に凹んでるし!


2011/12/09追記
当流用記事を使用されたことにより、パワステポンプのプーリー出面が前に出たとの報告をBBSで頂いております。
検証記事を報告いたしますので、リンクも参照してください。



広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー