TOP >> 最速!インプレッサの製作 >> 日記

DCCDのセミオート化?

2012/12/10


このHPを見ている方で、「DCCDって何ぞや?」(←って思った方はリンクを参照)
って思っている方は少ないでしょうけど、表題にある「セミオート」とは?

実はこのネタを作っている時に思いついた名前♪なんですけど、
純正でオートモードが付いている車(GDBC以降)なんかよりも、
明らかに適当ですし?入力信号が少なくて、明らかにバカっぽいので?

完全に任せるのが怖いから?ALLオートになれない!

ので?セミオートなんです。
もしくは・・・。
部分的にマニュアル制御としているので?「セミオート・・・。」
「自虐的にそう呼んでいるだけ。」
の話であります。

この話を真似されて、
制御間違えて、ド・アンダー?ド・オーバー?出して峠で散っても
知ったこっちゃありません♪
よって、話半分でお楽しみください♪


GC8のや、GDBの丸目型の話。
DCCDはダイアルが付いているだけで全てマニュアル操作なわけですが、その肝心なマニュアルダイアルの部分。
こちらの裏側には、たった3本の線しかありません。
なべ車の場合GC8D型 タイプR
のDCCDコントロールダイアル
その裏側・・・。
配線は3本っす。

この3本線を調べてみると、5V、GND、可変出力(0V〜5V)の配線になります。
ダイアルとまわすと可変電圧は、0〜4.5V 「カチッ」とクリック感のあるLOCKに動かして 5Vと言う仕様です。

可変出力の先には、DCCDのECUユニットも介在するわけですが、マニュアルダイアルの電圧を元に、12VのPWM信号の幅を可変してDCCD本体の結束力を制御しています。
GDBC以降の本当のオートモードは、DCCDのコントロールユニット本体が違う仕様で、ABS信号が必要だったり、後期型で舵角センサーが入力してあったりと、ソコまで手を加えるのは面倒です。

なので、DCCDマニュアルダイアルの緑色の可変電圧線に、フルコンから出せる可変出力電圧をぶち込んで、自動で制御させようじゃないか!と言うネタです。

トラス○さんところの商品を使って豪華にGセンサーも取り付けて、DCCDのオートモード?のような物を後付けしているショップもありますけども、DCCDコントロールダイアルのココで言う緑線に、外部電圧をぶち込むのは多分同じだと思います。(実物は見たこと無いけど・・・。)
白/青の線は、ずっと約5V 白線は、GNDなので0V
緑線は、可変電圧。
デフフリーは、0V
緑線は、可変電圧。
デフロックは、約5V
中間にすれば、0〜5Vの間となります。

なべ車の使っているフルコンからの出力ですが、
遊んでいる出力ポートから、下記の組み合わせの中から取り出す信号を決めます。

 ・回転数×スロットル開度
 ・回転数×圧力
 ・回転数×速度
 ・回転数×エアフロ(なべ車は使ってないので使えない・・・)

なべ車の場合。上記から2種類を選んで出力させる事が出来るのですが,試しにスロットルのみに連動するようにマップに打ち込んで、出力をDCCDダイアルの緑線に繋げて、スロットルのみで可変させてみました。

実際に走らせて見ると、エンジン回転数や、スロットル開度に応じて、
メーターパネル内のDCCD表示が、
上下にグリグリ動きます!

「これは面白い!」
いままで動かなかった、DCCDのインジケーターが、追加メーターのように動きます。
でも!!!
制御が雑なので、コーナーリング中にアクセルがパーシャルな部分からスロットルを開くと、危なそうな感じもします。

と言うのは、アクセルをあまり踏んで無くても、Dual AVCSの効果?もあってか元気にブーストが掛かったりする事もあるので、その時にデフフリー寄りなら危なっかしい!!
そんな危険な香りが漂います・・・。
急激にブーストが掛かった場合に、圧力入力にもDCCDのロック率を連動させるほうが、安全だと思う・・・。

そこで無い頭を使って考えました!

「2系統を入力して、電圧の高い方を使いましょう!」
アクセル連動マップ、圧力連動マップをぶち込む!と言う事です。

では!
2系統の電圧を、どのように入力するか???


その材料は、オートバッ○スで仕入れます!?

素人車弄りの味方!?

エーモン 1555 整流ダイオード 1A
ダイオード2本入り!

丁寧なパッケージと説明表示に、
価格の95%以上の価値があると信じて?買うのです!
50本入りだったら、それはそれで余って困りますし?
パッケージに書いてる詳しい使い方例はコチラ。
配線中・・・。 3系統入力!
テスト配線完了!


でも、配線しながら思いつきました。
ソコに、純正DCCDダイアルから出る電圧を参加させまして、
「3系統目を入力して、電圧の高い方を使いましょう!」
アクセル連動マップ、圧力連動マップ、そして純正DCCDダイアル電圧!をぶち込む!と言う事です。

ある程度、純正のDCCDダイアルでロック方向に回しておけば、デフフリー挙動で危なっかしい事は少なくなるでしょうし、純正ダイアルをロック方向にしておいて、少しづつダイアルのロック率を下げて、現状でいい加減な?セミオートの挙動に慣れることが出来れば、完全オート化も夢ではないか???


テスト配線は、オート/マニュアル切り替えスイッチは入れてませんが、
街乗りでオートはあんまり使わないと思うので・・・。スイッチ入れます!
ダイオードの働きは・・・。
一方向からは電気を流すけど、反対方向からは電気が流れないので、
電流の回り込みを防ぐ働きをします。

上の模式図の通りに配線して、灰色の頭脳にインプットされている?走りとロック率の関係をフルコンのマップに打ち込んだら!

車を運転しながら助手席に座った人が、
勝手にDCCDのダイアルを弄くりまくっているような?
不思議な感覚が味わえます!

その辺の試乗じゃ当然走りの評価は難しいので、気合入れて峠に走りに行ったら、マイナートラブルにより走行中断・・・。
詳細はまた今度♪

しかし、ずっとオートも疲れる?ので、普通に乗りたいときは慣れているマニュアルモードで良いと思います。
そこで、模式図にあるスイッチを取り付けようと思いました。

やっぱり!GDBC以降に採用されている、
「純正スイッチ!でしょ!?」
流用部品のコレがやっぱり格好いい!

って事で、近所のスバル部販で購入。
(ヤフオク等で入手する場合は、コネクター等の配線がちょっとでも付いていないと高い買い物だと思います。)

しかし、購入してから気が付きました。
このスイッチ。

押してる間だけONになる
単純なプッシュスイッチなので、
切り替えっぱなしの用途に使えない!!!






はっはっは。
やっちまったな〜。


上の図みたら、モロに切り替えっぱなし前提なので・・・。

みんカラで、このネタ練っているときにネタをチラっと書いたのですが、KENさんは見破っていました。

「※オルタネイト回路が要るだろうと!!!」
※注釈 ここで言オルタネイトとは!
純正のDCCD切り替えスイッチを押した際には、単なるホーンボタンみたいなスイッチなので、切り替えっぱなしにならない。
そこで、ワンプッシュしたら、ONとなり切り替えっぱなしになって、もう一度押したらOFFになる。
みたいな回路の事です。
またの名を「フリップフロップ回路」とも言います。



「ええ。全くその通りでした・・・。」

でも、見た目重視のスイッチなので、ここで妥協して「エーモン」のような汎用スイッチは、出来上がり?のイメージを損なうので、ココにはこだわりたいのです。

そこで、こうなりました。
スイッチの皮?を利用して、中身を入れ替えます!

さて、実行です!!!
DCCDマニュアル切り替えスイッチ。
83245FE041
スイッチ、ドライバーズコントロールセンターデフ
2012/12/1 現在  2850円
んで!用意した左のスイッチ。ヤフオクで購入。
(検索したら、品番 25370-0N000 らしいです。)
P11プリメーラー、U14ブルーバード、N15パルサー等
同年代の日産車のインパネにある
フォグランプのスイッチです。
概観、構造といい、そっくりさんなんですよね〜。
もちろん、GC8のコンソール穴にポンつけ♪
左がP11プリメーラのフォグ
右がDCCDスイッチ
上物の基本構造は同一。
同じメーカーのスイッチなんです。
裏側には、日産のマーク入りです。
ドリャー!
って切り替え部分を、壊さないように剥ぎ取る。
スイッチ分解完了!
やっぱり、ボディーそのものは共通部品でした。
切り替え部分も表示が違うだけで、同じ形状の部品です!!!
でも、よく見ると・・・。
ツマミ部分に刺さる、この金属部品。
スプリングに押されたチェックボールを、↑写真の金属パーツの山を飛び越えて、
「カチッ」っと安っぽい音と感触で切り替える、右側P11用フォグスイッチに対して!
左側のDCCDスイッチは、ボールが山を飛び越さないだけで、スプリングで押し戻されて切り替わらない仕組み・・・。
これって、この部品削り込むだけで、
切り替えスイッチに改造できたのね!?

フォグ用なので接点容量が高い設計のP11フォグスイッチで、2回路切り替えに対して、
DCCD用のスイッチは小電力用なので容量は高くない設計で、1回路切り替え。

上から。
 ・表示部分&切り替え金属片
 ・胴体の真ん中部分(共通)
 ・電気スイッチ部分

自由自在に組み合わせ可能なので、どうするか考えたのですが、スイッチ部に合うコネクターがどちらの部品も無い・・・。

GRBエンジン移植の時に剥ぎ取った、GC8まるごとハーネスの中から、P11フォグスイッチに無理やり刺さるコネクターがあった!
そこで、P11用フォグスイッチのスイッチ部分を移植して、切り替え表示の部分はDCCDスイッチを、切り替えの金属片は、P11フォグスイッチ用を組み合わせて、
スペシャル?なスイッチが完成しました〜。

フォグSWの端子図。
電球単体の端子があるので流用しやすいですね。
赤丸部分に、チェックボールとスプリングが入ってます。
お約束ですが?
チェックボールが飛んで行って無くなりました。泣
DCCDのスイッチから移植します!
とても小さい部品です。
裏側の日産マーク♪
これで切り替えスイッチ完成です!
って思ったら!
P11フォグ用のスイッチ照明が電球切れしてました・・・。
この飛び出した部分が、電球用の足ですので、
ここにハンダを盛って、チップLEDを直付けします。
DCCDスイッチ用の電球を入れても良かったのですが、
エーモン 1807 ワンポイントLED 白に交換しました。
電球の足が刺さっていたゴムの上に、接着してます。

基盤本体も大きくて、コードが長いのですが、
切り刻んで行くとチップ抵抗とチップLEDだけになるので、
結構小さくなります。


チップLEDは、やっぱりエーモン製で、オートバック○で入手しました。

コネクターは、GC8の丸ごと配線のダンボール内から、ちょうど良いコネクターを探して使用しました。
最悪は、根元からハンダ付けで配線を出す方法もあります。
(上手にしないと、配線を分解したときに、どれがどれだか分からなくなってしまいますけど・・・。)

よく見る普通の6極コネクターなんですが、
リブがあって、普通には挿せません。
リブを削っても良いのですが、面倒なのでパス!
2極側はコレで。
抜け防止のロックは掛からないけど、
大丈夫っぽい。
4極側。ロックの位置が違うけど・・・。 無理やり挿入♪
裏側の配線も完成!
配線は意味なく太いけど、まぁ良いでしょう!?
元に刺さっているコネクターを利用して、さくっと配線!!!

このP10フォグ用のスイッチ部分のコネクターは、最悪は平ギボシが使えますけど、DCCDスイッチの端子を使う場合はは細いので、ちょうど良い端子を探す必要があると思います。

あとは、さくっと組み込んで!!!
DCCDセミオート化!?のシステムはなんとか完成!
スイッチに違和感なし!?見た目は完成!!!
あとは実走行で動作を詰めます!


肝心な走りのほうは、マイナートラブルで気合入れて走れてはいはないのですけど!

なべ流の「セミオートDCCD」の動きはと言うと!
アクセルONでロック方向に!(トラクション重視!)
アクセルOFFではフリー方向に!(曲がりやすく!)

と言うのが、基本的な動きになります。
そこに、最低ロック率を決めるマニュアルDCCDダイアルがあって、
それ以上のロック率は、回転数と圧力の状況に応じてロック率を上乗せする構成です。

いつもは、ロックから1段戻し固定で走る峠で、
中低速コーナー入り口で、アクセル戻してブレーキングで切り込んだら、
「ハンドル切るのが早すぎたか?」
と思うくらい手前から曲がりました。
デフフリーで峠を走ることは無いので、このテンポの違いには驚きました・・・。
コーナー立ち上がりも、アクセルとの連動なので、DCCDの動きに遅れ感はほとんどありません。

ちなみに、サイドブレーキを引いたときは、純正同様にフリーになりますので問題ないです。

まだまだ制御は荒いので、走るところにあわせてマップを詰める必要がありますが、「DCCDセミオート」としているのでDCCDダイアルとの組み合わせ、最低ロック率との組み合わせで使えば、ある程度は使えそうな気がします!

あとは、走るだけだな!
(細かいトラブル潰しながら・・・。)




SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送