TOP >> 最速!インプレッサの製作 >> 日記
Newサイレンサーを
導入しました!


2005/05/24


買ったのは、アフターメーカーの、サイレンサーなんです。

走行中に落とした(経験もあります・・・。)とかじゃなくて、
マフラーに付属しているサイレンサーもあるのですが、なんで、わざわざ買ったのかといいますと・・・。
理由は、2つ!
理由1 マフラーメーカー純正のサイレンサーを入れていても、
そこそこの音量が出ている事!
ユーザー車検の時、音量で落とされました。(泣)近接騒音が103dB以上だったんですね。
多分、中身が腐りかけているのでしょう・・・。

毎月、お世話になっている散髪屋さんに行った時の話です。
店に入っても、ターボタイマーのアフターアイドルで、排気音が聞こえていたのです。
店の主人に、
「うるさいのは、お前の車か?」って聞かれたものですから・・・。
もちろん、サイレンサー入れていたのですが、やっぱり街乗りであの車を使うには、
一般の方々から見て、常識の範囲の音量がいいかなぁ〜?
と思ったので・・・。
理由2 突然起こるバトル?に対応できない事!
これまた、最近の話です。
サイレンサーを着けて走っていたら、
シャコ短で、斜め出しマフラーを付けた、ビッツが走っていたのです。(多分、RS?ターボ?)
走る方向がたまたま一緒で、ちょっと峠ちっくな、クネクネ道の続く、○松峠にさしかかった時、
突然!ビッツがアクセルON!
別に煽っていた訳ではありませんが、なぜか闘志に火が点き?追撃開始!!!
夜間だし、慣れていた峠道なので、離される訳がないのですが・・・。
しかし、そのビッツ・・・。コイツが速い!
サイレンサーを入れている時は、ブーコンOFFにしている事が多いのですが、
(その時もブーコンOFF)
慌ててブーコンのスイッチを入れ、Lowブーストの0.8kpaに設定!
なんとか、離されずについて行けましたが、前半は離されぎみだったので、
なんとも後味の悪い感じでした・・・。

別に、サーキット走行などの予定されていたアクセル全開は、サイレンサーを外せばいい訳ですが、
普段も乗る車ですから、普通以上の加速をしたい時などに、着けているサイレンサーが気になって、
ブースト1.3kpaの
全開走行が出来ないのです!!!


全開にしたい時、全開に出来ないのは、体に悪いでしょ???

そんなことは、サイレンサー着けていたら当たり前!
と思われている方も、多いと思うのですが、APEXiから最近発売された、
アペックスのアクティブテールサイレンサー(ACTIVE TAIL SILENCER)は、
サイレンサー内部に、排圧感応式バルブを内臓していて、排圧に応じてバルブが開くので、
時々?踏みたくなる、なべには、
好都合のサイレンサーなのです!!!
  • マフラーメーカー純正の、サイレンサーでも、車検を通過できないほどの音量である。
  • アクセル踏んでも、フンづまる感じが強いので、タービン保護の観点から、あまりブーストを掛けたくない。
この相反する要素を、排圧で開閉するバルブで解消しているみたいなので、
脱着が面倒な人にも、ぴったりの商品です!

(マフラーの形状次第で、着かない可能性もありますので、事前にお調べください。)

メーカーの製品紹介HPはコチラ!

(今回、購入させてもらったお店です。送料込みで、10878円でした!)
購入した、通販のお店は、コチラ!



*** 以下、HPより説明文を抜粋 ***

アペックスは排気音量を抑えるテールサイレンサーに排圧感応式可変バルブを内臓しました。
従来タイプは高回転時にサイレンサーが排気抵抗になり、音量を小さくすると同時にパワーを犠牲にしなければなりませんでした。
アペックスの『アクティブテールサイレンサー』夜間帰宅時や低回転時には静寂を、パワーやトルクに必要な回転域では、内部の排圧感応式可変バルブが開き、ストレート構造にてパワー出力を導きます。
静寂と高回転でのヌケを両立した画期的なテールサイレンサーです。
ラインナップとして、Φ115、Φ90の2種類を設定しました。


そんな訳で、送られてきました!
最近の通販は、かなり値引きもしているし、いい感じですね〜!

では某所で、早速取り付けてみます!!!
届いた、アクティブテールサイレンサー!(以下ATS)
115パイのマフラーに対応です!
アペックス以外のマフラーにも付きます!
付属品は、コレだけ。説明書、ワッシャーに、
穴付きボルト、セルフロックナット、 防振テープです。
割りピン付きで、落下防止の親切?設計です。
マフラーは、フジツボのパワーゲッターです!
フジツボ純正のサイレンサー装着状態。
某峠駐車場で、夜な夜な取り付け!
サーレンサーの主たる、メインパイプ?の内径が、
純正のサイレンサーより、一回り細いです。
これは、音量対策に効きそうです!
サイレンサーの全長が短いので、取り付けも問題なし!
バイパスバルブが閉じた状態。
おデートモードです。(嘘)
これが、ブースト全開にすると・・・!?
排圧感応バルブ開放状態!
撃墜モードです!(謎)
案外、バネはやわらかいですね〜。
コ・・・。コレって、合法ですよね???(笑)
ATS装着状態!
なんか、中身が異様に綺麗ので、汚いマフラーにマッチしていません!?

取り付け方に関して、特にコメントはないですが、私の場合、セルフロックナットは使いませんでした。
脱着するごとに、セルフロックナットの効果が落ちていくし、
今使ってるボルトナットが、程よく錆びで腐っていて、工具を使わないと回らない、
セルフ錆び付き?ナットを採用しました!?
これなら、落ちる心配はありません!(メンテナンスは、500kmごとに、塩水を掛けてください(笑))

ロールゲージを固定するボルトもそうなんですが、車の外から内に向けてボルトを通してください。
(そのように、説明書にも記載しています。)
なぜかと言えば、ボルトを障害物で擦った時、ボルトの頭が傷付くだけで済みますが、
もし逆に、室内から外にボルトを通した場合、ネジが傷つき、ナットが外れなくなる可能性があるからです!

でも!サイレンサーのネジなんて、どっちでもいい話です。(笑)
私は、内から外に付けました。やぱり落ちたらイヤですからね〜。(落とした経験者は語ります・・・。)

では、試乗します!
とりあえず、ブーコンを0.8kpaに設定して、全開加速!を試してみます!

窓を開けて聞いていると、ブーストがかかり始めてから、少し遅れて、
マフラー本来のサウンドが、聞こえてきます!
間違いなく、排圧で全開に開いているようです!!!
加速感は、以前のサイレンサー装着時とでは、比較になりませんね!
でも!アクセルOFFでは、やや静か・・・。
アクセルONでは、いつもぐらいのサウンドなのに、アクセルOFFの時は急に音量が違うので、妙な感じです・・・。
でも、タービン保護も出来ているでしょうし、時々使う全開走行もしやすくなったので、これでいいと思います!!!

そして、アイドリングの音量は・・・。


























おぉ!
静かになりました〜!

室内に入ってくる排気音が、少なくなったのは、すぐにわかりました!
でも、マフラーのそばで、排気音を聞いていると、
「ブヘブヘブベブヘブベ・・・・。」
と・・・、下品な音です。
あんまり、いい音ではありませんね・・・。

これは、細いサイレンサーが入っている、独特のあの音?と同じです。
静かになったと感じるのは、野太い重低音がかなり減ったのが、その原因かも知れません。

これなら、深夜の住宅街で、エンジンの始動や帰宅なども、やりやすくなります!

今度、散髪屋のオヤジに、
どう言われるか、気になるところです
!!!
マフラーの音量が気になる人や、爆音マフラーを手放したくない人には、お勧めです!
買って損したとは思わないと思いますので、是非どうぞ!一押しです!!!







広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー