TOP >> 最速!インプレッサの製作 >> 日記

GDBインプレッサSTIのキー流用!


2003/09/20


最近、愛車のエンジンの具合が悪いことから、息抜きに?小ネタに話題を移します。(笑)

新型GDB−C型STIが、専用キーでちょっとかっこいいので、
近所のスバルにお願いしてブランクキーを取り寄せてもらいました!

部品番号   57497FE000
部品名    キープレート、ブランクマスター
定価      1800円

さくっと流用したいところなんですが、
なんと!キーベースから違うのです!
仕事柄、錠前の知識が少しあるのですが、、
普通に複製のキーを作る場合は、同じ種類のキーを使うので、考えることも、困ることもないのです。
こんなことをするのは、初めてです!
STIのキーを流用する為に、困難に立ち向かいましたよ!?
GDのキープレートは、まっすぐなのに、GCのキーは、クランクしています。


まずは、キーの相違点から。
同じスバルのキーでも、いろいろと違うところがあります。

1  GDのSTIキープレートは、まっすぐなのに対して、GCのキーは、クランクしています。
     クランクしているところは、ストッパーと呼ばれるもので、
     ある程度以上、キーを突っ込むことが出来ないように、位置決めしているしている所なんです。
2  GDのキーは、ストッパーがないです。
3  厚みも、GDの方がちょっとだけ(0.2mmぐらいですが)厚いです。
4  キー先端部分の幅も違います。
5  ミーリング(縦溝)も厚みが違うことから、若干GDの方が深いです。
6  ミーリング幅も多少違います。

7  長さが全然違います。GDのキーの方が長いです。
問題多発なのですが、知り合いのプロの鍵師に無理をお願いしてキーを切ってもらいました。

抜けなくなったら困るので、
試しに、安い普通のGDのキーベースで、私のGCのキーを複製してみます。

すると!!!
そのまま、使えました。(笑)
キーストッパーの違いです。
上側のGDの方が薄いので、
耐久性に問題があるかも・・・。
厚みも違うのがわかりますか?
なべのインプレッサ(GC8)の
トランクのキーシリンダーに刺してみました。



以上のことから、
ミーリング(縦溝)は、誤差の範囲。
厚みも誤差の範囲。もし、入らなかったらヤスリで削ってください。(笑)
そして、肝心のキーストッパーも、GDのキーを複製すると、勝手にストッパーが出来てしまうので、問題なしです!

しかし、キーストッパーの厚みがGDの方が薄いので、長い間使っていると、キーストッパーが削れてしまう可能性があります。

プロの鍵師が言うには、
「キーストッパーが削れてくると、奥まで突っ込んでから、ちょっと手前に引かないと回らないキーになるよ。」
とのことです。

それに、オート○ックスとか、ホームセンターなんかでは、知識のある人が、キーを作っているのではない為、
STIの生キーを持ち込んで複製をお願いしても、作ってくれないみたいです。
ミーリングを基準にキーを切るのですが、幅が多少違うので、切るときはちょっと難しいそうです。

みなさんも、STIのキープレート持参で、
プロの鍵屋さんにお願いしましょう!

生キーが違う形なのに、無理やり複製って言うのは、かなり無理な注文なので、
お願いするときは慎重にお願いしましょう!

鍵屋さんもびっくりしていました。(笑)
GCに限らず、いろんなスバル車で可能です!
BG、BF型レガシーや、ビビオ、サンバー、SVX、でも可能ですよ〜。

スバルのキーと日産のキーは、同じものを使っていますので、
GTRのキーベースでも、同じことができます。
R32や、RPS13に乗ってる人も、R34のGTRのキーや、R33のキーを流用してはいかがでしょうか?





広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー