TOP >> 壊れるんです・・・。 >> 日記
ロアアームボールジョイント

どこにあるの?って?
ちょうどロアアーム先端にある、ナックルとの接合部にあるんです。
走る人は要注意!
キャリパーや、ローターからの熱で、ゴムが硬化して破れるのでしょう。(たぶん・・・。)



これは、1回目の車検を通すとき、(当然、自分でユーザー車検に行くのです。)まじめに?足回りの点検をしていると、
げっ!!!??
なんと、アルミ製ロアアームの先端についている、ロアアームボールジョイントのブーツが、破れているではありませんか!
明日、車検なのに・・・。
どうしよう・・・、
まあ、いいか。
てな具合で、きれいにはみ出たグリスをふき取り、ブレーキクリーナーで、きれいにします。もちろん、部品は後日交換予定のつもりで、検査官にバレないように、ごまかしているだけです。(笑)
車検では、無事にごまかせて、合格をもらえましたが、その後が悲惨。(T_T)

後日、友人が勤めてる、ガソリンスタンドのPITをお借りして、ロアアームボールジョイントの交換をします。
なぜ、わざわざ、GSに行くのかと言いますと、ボールジョイントのナットを回すとき、普通のラチェットハンドルでは、回しても回しても、ボールジョイント部がくるくる回り、緩められないのです。インパクトレンチであれば、空回りする前に、ナットに力がかかるために、一撃で緩められるのです。
タイヤを使い慣れた十字レンチで外し、リフト&インパクトレンチを使い、余裕の作業を開始します。
インパクトって、使ったことがある方はお分かりだと思いますが、LとRの回転方向があるのですが、それを、確認せずに使い始めてしまい、悲劇が訪れたのです。
ブーツの破れた、ジョイント下部のナットを緩めようとしたときに、
ガガガガガガッツ!
「あれ?外れない」
もう1度
ガガガガガガガガガガガガガガガッツ!ギュウーウウウウウウン!
ナットが回っているのに、外れない・・・。
あー!逆回しでねじを舐めてしまった!
自分がアホなだけなのですが、クラウンナットまで用意していなかったので、ボールジョイントのナットを、割りピンのはまらない、普通のナットで代用。
ちんたらと、びびりながら帰宅途中、当然、その辺でナットは落ちてしまいます。
ナットが抜け落ちた瞬間から、ものすごい異音がします!
「ガキガキゴキボギュッ!」
取れたナットは、どっかに落としてしまってるし、代用できるナットは、もう、持ち合わせていません。
そのとき付けていた、クスコ コンプ2が、ノーマルシートを破壊するくらい、乗り心地が悪かったので、ちょっとした段差も、強烈に跳ねて、ロアアームとボールジョイントが、こすれる音がするのです!
レッカー移動されるのは、イヤ!!!!(笑)だったので、事故したときにお世話になった、板金屋さんが近くにあるのを思い出し、約2Kmの道のりを、走るシケインとなりながら、目指しました。

板金屋さんに、やっとたどり着いた私は、そこの兄ちゃんに、事情を説明すると、
「そこの、ボルトナット入れ(20Lのペール缶×2本)の、どっかにあると思うけど、
「がんばって探しやー。」

と、ありがたい!?お言葉!
ひっくり返して、探します!
クラウンナットは、足回りなど比較的重要なナットなどで、絶対に緩んではいけない所に、割りピンを差し込んでいるナッットで、ありそうで、なかなかありません。
せっかく見つかっても、ピッチが違っていたり、大きさが全然違っていたりして・・・。
「やった!見つけた!」
ってころには、探し始めてから、2時間が経っていました。
板金屋さんの、一角をお借りしてジャッキアップし、ナットと割りピンを入れ、お礼をしてから、やっと家に帰れるのでした。


  教訓
1  インパクトレンチを使用するときは、締め付けトルクに注意しましょう。
2  回転方向にも、十分注意しましょう。
3  割りピンは、入れましょう。(笑) 足回りの重要なナットは外れたら泣きます。






広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー