TOP >> 壊れるんです・・・。 >> 日記
リアデフドレンボルトカバー

正式名は知りませんが、わかりますよね?
リアデフオイルを交換するとき、取り外すドレンボルトです。
その周りが割れるのです!


と、あるショップでの話です。
いつも、行きつけになっているので、サーキット前のオイル交換をよく、お任せしていました。
いつもどうり、サーキット2回に1回の割合で、オイル交換するのですが、久しぶりにピットに目をやると、見慣れない店員さんが、作業しています。
そんなことは、どうでもいいのですが、ふと、目をやると、
若い店員さんは、オイルを抜いた後、ドレンボルトを締める時、1/2インチのロングスピンナーハンドル(40センチぐらい!)で、全体重を、かけて締めこんでいます!
「しまった!」と、思ったものも後の祭り。
上からオイルを入れて、ふたをして、あふれたオイルをふき取ってるので、
ピットに出向き、力いっぱいに締め付けたので、ドレンを気にしていると、ドレンボルト下側に、
ちょろっと亀裂が!
私      「あのー。ここに亀裂が入っているのですけど、今、力いっぱい締めたからではないですかね?」
若い店員 「いえ、最初からありましたよ。」
私      「でも、かなり力くわえたでしょ?」
若い店員 「いつも通りにしましたけど・・・。」
      「でも、こんなとこに、亀裂はなかったよ?」
若い店員 「でも、ここに、デフをこすった後があるでしょ?このときに割れたんではないですか?ぶつけたら、割れても仕方ないですからねえ。」

      「グホッツ・・・。」(この前のサーキットで、コースアウトした時に、下回りを打ちつけたのは、記憶に あるのだが、そこまで確認していなかったのがいけなかったのか?!)
若い店員 「とりあえず、液体パッキンを塗って締めておきましたので、モレはないと思います。」
私      「そうですか・・・。ありがとう・・・・。」

と、弱気になってしまい、なんともいえませんでした。

後日、駐車場の床を見ても、オイル汚れなし。
もれてなければ、よしとしましょう!

でも、そのまた後日。サーキット後、ブレーキパッド交換しようと、ジャッキをかけたところ、
「やっぱり漏れてるよー。」
サーキット走行など、リアデフの油温をあげると、内圧が上がってパッキンが飛んでしまったのかもしれません。

もれは、たいしたことないので、一応我慢できる状態ですが、なんとも、後味の悪い結果になりました。


教訓
1 嫌な客かもしれませんが、作業前、作業後は、触った箇所の点検をしましょう。自己防衛のためです。
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー