TOP >> 壊れるんです・・・。 >> 日記
ミッション

(サーキット走るインプレッサの、基本ですね。(ToT)/~~~)



そうです、ミッションです。走りの激しい方は、必ず壊れるそうです。
私の場合、セントラルサーキット走行後、帰宅途中にミッションより、唸り音が出てることに、気がつきました。
だましだまし自宅に戻り、対策を考えることに!
まず、ダメで元々のつもりで、ミッションオイル交換。
結果は、何も解決しません。やっぱり、
「うううううううううううううううううっつー」って唸り音が・・・。完全に逝っています。
とりあえず、頼りにしてる近所の、ス○ルディーラーに行って見ます。
点検すること30分、センターデフのあたりから異音がするそうで、アッセンブリ交換なると言われました。
その際、ボンネット内のブーストコントローラーを発見されてしまい、クレーム修理にはできないと、きっぱり言われてしまいました。
そこは、おとなしく引き下がり、実費修理の見積もりをあげることにしたのです。
後日、見積もり金額の電話がありまして、約55万円!!!
「あ・・・。あ、ありがとうございました。さようならー。」と電話を切ります。

そこで、走っていないように見せかけるために、
走行会数日前に取り付けた、HKSのEVCを取り外し、峠走行で偏磨耗した、角がズルズルのラジアルタイヤを、2回目の車検がまじかなのも理由に、履き替えて、「走ってませーん。」なんて、素人顔しながら、2件目のス○ルディーラーへ!GO!

そうすると、やはり、こちらも叩けば、ほこりの出る車。サーキット走行している車は、見ればわかるようで、
フロントマンに、「硬い足が入っていますね。」「LSDが入っているのは、リアですか?」「マフラーはともかく、エキマニまで入っていますね。」「コンピューターはノーマルですか?」「オイルクーラーはなぜ取り付けたのですか?」
痛い質問を散々浴びせかけられましたが、距離5万キロ以内5年以内の、保障にしてもらうのに必死なので、こちらも、食い下がります!
そうすると、「まあ、いいでしょう。クレーム修理で受付ます。」
と、ありがたいお言葉!

ガラガラ音のミッションとは、おさらばすることになりました!
後日談では、どうやら、ガラ音のするミッションは、ミッションケースが歪んでいるらしいです。クラッチ操作に問題があったのか???

サーキット直前に取り付けた、ミッションメンバーリジットカラーがいけなかったのか?
今となっては、わかりませんが、シフトフィールの改善も、そこそこにしたほうが、良いのでしょう。
なんでもかんでも、「固める、強化する。」は、いけないのかもしれません。


教訓
1 クレームに出すときは、徹底的にとぼけてみましょう。
2 強化クラッチ入れただけで、クレームにはならなさそうです。
3 強化クラッチは、ミッションのクレーム限度5年を超えてから入れましょう。
4 各ショップなどで、ミッションメンバーリジットカラーなどが、販売されてますが、なべはお勧めしません。
5 このような、強引なクレーム処理はやめましょう。私は悪い例ですので。




広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー